Skip to content

【UiPath】データテーブルの繰り返し処理

Posted in ノート

Last updated on 2022年8月11日

前回データテーブルの基本的な使い方について書きました。

今回はその続きということでデータテーブルのよくある使い方であるデータテーブル内の繰り返し処理について紹介したいと思います。


これにはDataRowという別のデータ型の理解が必要になりますにゃ。


DataTableとDataRow

データテーブルは前回説明したように表形式のデータになりますが、これと関連したデータ型にDataRow 型というものがあります。

“Row”とは日本語で”行”ですが、このDataRow型はDataTableを構成する一行分のデータをさします。

データテーブルについて基本を知りたいという方は次の記事で説明していますので参考にしてください。

実は DataTable というデータは、複数のDataRowに分解することができ、この仕組みを利用してDataTable内のデータを繰り返し処理していきます。

UiPathにはこの仕組みで繰り返し処理するアクティビティが用意されており、それが [繰り返し(各行)] アクティビティになります。


[繰り返し(各行)]アクティビティを理解する

[繰り返し(各行)]アクティビティを利用すればDataTable内のデータを順番に繰り返し処理することができます。

これはどういうことかというとExcel上に100件のデータがありこれらをシステムへ登録を行わなければならないとなった場合、それを繰り返して100回行ってくれるということです。

「これこそ自動化だ!」なんて思いませんか?

なんせ100件ものデータが1分足らずで入力完了してしまうのですから。

早速【繰り返し(各行)】アクティビティを見てみましょう。

入力としてデータテーブル(DataTable型)を受け取ることになっています。

[要素]と書かれている部分に注意してほしいのですが、こちらが先程の DataRow型の変数になります。

データテーブルとして受け取った各行を順番にDataRow型として取り出して(rowという変数に代入して)処理するような仕組みになっています。

初期では row となっていますが、もちろん変更することも可能です。


実行して確認をしてみる

利用するデータは前回の記事で利用したものと同じものを使います。

データの取り出しは、【繰り返し(各行)】のDataRow型から値を取り出しています。

前回のデータテーブルから直接取得した場合と少し異なっている点には注意してください。

値の取り出し方は次のようになります。

実際にアクティビティへ適用した例が次になります。

実行してみましょう。

繰り返しとなっているので結果は省きますが、順番に処理が行われたのではないでしょうか。

実業務では、このような方法でExcelやCSVのデータを順番に処理することができます。


動画で説明

最後に


今回はDataTable後半ということで実業務でも使える繰り返し処理について紹介してみました。ほんとすごいですね、こんな簡単に繰り返し処理ができてしまうなんて感動です。自動化の参考にしてみてください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

ご質問等はコメントにていただければと思います。

では。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。