Skip to content

【UiPath】Boxを連携してみる

Posted in ノート

Last updated on 2021年12月31日

Boxはやってるねー。
外とのコラボレーションツールとして便利!
UiPathにBoxのアクティビティがあるの知ってるにゃ?

そういえば、あったね。
今回はそれについてまとめてみようか。


UiPathのBoxアクティビティ

UiPathには様々なサービスと連携するためのコネクタが用意されていますが、Boxもそのうちの一つになります。

BoxアクティビティはBoxのAPIを利用した連携を提供してくれるので、UiPathを起点としてBoxアプリケーションを組み合わせた様々な業務を自動化することができます。

Boxパッケージではファイルのアップロードやダウンロード、レコードの管理(取得、更新、挿入、削除)などの機能が提供されています。

※ 2021年12月現在ではプレビュー版のみ

Boxアクティビティを利用するためには環境面のセットアップを事前行う必要があります。

  • Box側作業:カスタムアプリ(JWT)の作成
  • UiPath側作業:Boxパッケージのインストール

これらについて次に解説していきます。


Box側での初期設定

Boxとの連携をするためには事前にBox側で設定を済ませておく必要があります。

実施する設定は次のようなものです。

  • カスタムアプリを作成
  • キー(.json)を出力

こちらではBox設定の手順は記載しませんが参考のURLを貼っておきますのでそちらの手順を参考に進めてみてください。


Boxアクティビティのインストール

Box と接続するために利用するパッケージはUiPath Studioのインターフェースを通してインストールすることができます。

UiPath Studioの上部にあるリボンパネルから【パッケージを管理】を選択します。

パッケージ管理のダイアログが立ち上げるので、左パネルの【オフィシャル】を選択し、上部の検索欄に”Box”と入力します。

【UiPath.Box.Activities】と表示されたらそちらを選択します。

すると対象のパッケージのインストールが選択できますのでクリックし、保存をします。

最新のバージョンは 1.2.1-preview となります

インストールが完了するとUiPath Studioのアクティビティ検索欄から次のように利用可能なことが確認できるかと思います。


UiPath Studio での開発手順

UiPath Studioでの開発はざっくりですが次のようなステップとなります。

  • [Box Scope]アクティビティを配置する
  • [Box Scope]アクティビティのパラメータから認証を通す
  • [Box Scope]アクティビティ内に利用したいBoxアクティビティを配置する

UiPath Studio上でのワークフローの開発は、【Excelアプリケーションスコープ】と同じような仕組みで[Box Scope]アクティビティというものをまず配置します。

この[Box Scope]アクティビティに対してプロパティパネルより認証キーを渡すことで認証を通します。

その後、この[Box Scope]アクティビティ内に実際に行いたい処理のアクティビティを配置し設定することで開発を行なっていきます。

詳細はこちらにドキュメントがあるのでそちらを参考にしてください。


実際に使ってみる

実際にBoxへファイルをアップロードする処理を実装してみたいと思います。

まず[Box Scope]アクティビティを配置します。

次にこの【Box Scope】アクティビティに対して、Boxの認証キーを参照させます。

[Authentication Type] を”JWT”として、[Config File Path] にBoxより出力した認証キー(.json)のパスを指定します。

これで一度実行をし、エラーなく動作するか確認をしてください。

もしエラーが発生するようであれば認証で問題がおこっていますので、再度Box側の設定を見直す必要があります。

今回はアップロードなのでBoxへのアップロードを行うアクティビティを配置します。

[File Path] にアップロードしたいファイルのパス、[Parent Folder ID] にアップロード先のBoxのフォルダーIDを指定します。

Box上のフォルダIDはフォルダーへ入った状態でURLより確認することができます。

以上で実装は完了です。

いろいろなアクティビティが用意されているので試してみてください。

すごい簡単に連携できてしまったにゃ^


最後に


Boxは、コンテンツを管理するだけでなく社内外とコラボレーションするための機能面が優れているので今後さらに流行ってくるのではないかと思っています。
UiPathには今回紹介したようにBoxとの連携アクティビティがあり最初の設定さえ行ってしまえば自動化自体は簡単にできてしまいます。
みなさんも是非使って見てください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

では。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。