Skip to content

Google Chromeでアカウントを使い分ける方法

Posted in メモ

みなさんGoogle Chromeは利用されていますか?

おそらく自宅・職場問わず利用している方が多いのではないかと思います。

そんなとき問題となるのが複数アカウントの切り替えです。

普段利用する上では特に問題はなかったのですが、開発の際に別のアカウントと並行して利用しなければならず大変困っておりました。

同じような悩みを持った方のために、アカウントのプロファイル自体を分けて、Chrome起動時にアカウントを切り替え方法をご紹介します。

手順

基本となる手順は

  1. デフォルトのユーザプロファイル格納フォルダとは別に、プロファイル格納フォルダを作成する
  2. 起動アイコン(ショートカット)の参照先をそこに変更する

になります。

つまり、Chromeの起動時に読み込む場所(参照先)を別の場所に変更することで、ユーザーの切り替えを行います。

Windows

Windowsでは、特に設定を変更していなければ、AppData/Local/Google/Chrome の中にある[User Data]というフォルダを利用してChromeを起動しています。

Windowsでの手順は次のとおりです。

  1. フォルダの作成
  2. Ghromeショートカットの参照先を変更
  3. ショッートカットから起動

1.フォルダの作成

今回は[UserExt]というフォルダを同じフォルダ内に作成します。

2.Ghromeショートカットの参照先を変更

ショートカットプロパティの[リンク先(T)](英語だと[Target])を次のコードを参考に変更してください。

{USER_NAME}の部分は、皆さんの利用しているWindowsのユーザーアカウントにより異なりますので、適宜変更してください。

3.ショッートカットから起動

先程、リンク先を書き換えたChromeのショートカットをダブルクリックし、Chromeを起動します。

まっさらな状態でGoogleが起動すれば成功です。

Mac

Macでは、次の手順で行っていきます。

  1. [スクリプトエディタ.app]を起動
  2. スクリプトを書き込み
  3. 実行、Chrome起動の確認
  4. アプリケーションとして保存

1.[スクリプトエディタ.app]を起動

[アプリケーション]→[ユーティリティ]の中にある[スクリプトエディタ.app]を起動します。

2.スクリプトを書き込み

起動したエディタに次のコードを書き込んでください。

下記のコードで UserExt の部分はWindowsと同様作成するファイル名となります。

必要に応じ適宜修正してください。

3.実行、Chrome起動の確認

書き込みが完了したら、そのまま実行をします。

Chromeの起動を確認します。

4.アプリケーションとして保存

実行が確認できたらアプリケーションとして保存をします。

このときですが、アプリケーションとして保存をするために

[場所]→アプリケーション

[ファイルフォーマット]→アプリケーション

となるように選択をしてください。

まとめ

以上、Chromeでアカウントを使い分ける方法方法でした。

不明点あればコメントへお願いします。

では!

Be First to Comment

コメントを残す