Skip to content

Macでディスクの操作を行いバックアップ

Posted in メモ

新しく外付けのHDDを購入したのですが、そういえばHDDの削除・分割ってどうやったっけ?とふと考えてしまいました。

Macユーザーとして同じように迷っている方がいましたらこの記事を参考にしていただければと思います。


Mac標準のアプリケーション「ディスクユーティリティ」を使ってほげほげというお話です。


ディスクの操作の手順

ディスク操作の手順といい方が正しいかわかりませんが、手順は次のようになります。

(1)フォーマットしたいディスクを選択し、削除をする

(2)形式を選択し、ディスクをフォーマットする

(3)必要に応じ、パーティションを分割する

上記手順をMac標準のアプリケーション「ディスクユーティリティ」を利用し行っていきます。

ちなみに、「フォーマット」とは「利用対象とするコンピュータなどのデバイスで使用できる状態(読み取り・書き込み可能)にすること」をいいます。

そのため、フォーマットの際は利用対象とするデバイス(Widows or Mac)に応じフォーマット形式を選択する必要があります。


ディスクユーティリティの起動

「ディスクユーティリティ」は、一般のアプリケーションと同様「Lancherpad」(ロケットアイコン)から起動することが出来ます。






ディスクの削除を行う/ ディスクをフォーマットする

操作をしたい外付けディスクをつないだ状態で「ディスクユーティリティ」を起動すると、デフォルトのHDD(SSD)に加えもう一つ選択できるディスクが表示されます。





ここで一点注意ですが、予め左上の表示の部分から[すべてのデバイスを表示]に切り替えておいてください。

理由として、この後の消去の操作を行う際、ボリュームのみを対象とすると意図したとおりにパーティションが区切れない等不都合が出てきてしまうためです。

ディスク内に存在しているボリュームではなく、外付けデバイスそれ自体の消去をすると考えてください。

なお、1ボリュームのみの消去を行いたい場合は「ボリュームのみを表示」で問題ありません





「ディスクユーティリティ」画面のメニューから、対象とするデバイス(ボリューム)を選択した状態で[消去]をクリックします。





次の項目を適宜選択します。

  

名前:ボリュームの名称

  

フォーマット:パーティションテーブルの配置に関する標準規格を選択

  

方式:フォーマットの形式を選択


「フォーマット」「方式」については、下記の表を参考にしてください。

Macでの利用を考えている場合は、

  

「フォーマット」⇢ GUID パーティションマップ

  

「方式」⇢ Mac OS 拡張(ジャーナリング)


をそれぞれ選択します。

設定できたら、[消去]をクリックし少し待ちましょう。











パーティションの作成

消去を行うと自動的に外部記憶装置で使用可能な最大容量のボリュームが作成されます。

一般的にはこれを必要に応じ分割し利用をします。


なんで分割するの?という方のため分割を行うメリットを3つほど挙げておきます。

Macユーザーとしてもっと多いのは「TimeMachine」のバックアップ領域としての利用だと思います。

  • バックアップ領域として利用
  • CSS
  • データの安全性の確保
  • 断面化によるパフォーマンス低下の抑制(HDDのみ)

先程作成したボリュームを選択した状態でディスクユーティリティ」画面のメニューから[パーティションの作成]をクリックします。

ここで[パーティションの作成]が選択出来ない場合は、ディスクとしてのフォーマットが出来ていない可能性がありますので、上を参考にもう一度ディスクの消去を行ってください。


[パーティションの作成]をクリックすると、左側に円マークのポップアップが表示されます。





ここで作成したい新しいボリューム(パーティション)情報を入力します。

[名前]、[フォーマット]、[サイズ]をそれぞれ選択し、左円グラフ下にある[+]マークをクリックします。





すると、新しく作成した状態のイメージに円グラフが更新されるので、問題なければ[適用]をクリックし少し待ちましょう。





これでパーティションの分割は完了です。


まとめ

以上Macでのパーティションの削除・分割についてでした。

外部記憶装置を導入したのが初めてかつMacでの操作初めてだったのでむむっという感じでしたが比較的わかりやすいなと感じました。

この辺はWindowsよりよいですね。


コメント等ありましたらのコメント欄にお願いします。


では。

参考


「ディスクユーティリティ」を使用して物理ディスクにパーティションを作成する
「Mac の「ディスクユーティリティ」で利用できるファイル・システム・フォーマット

Be First to Comment

コメントを残す