Skip to content

プラモデル製作用ツール


基本ツール

プラモデルを製作する際に基本となるツールを紹介します。

ニッパー

ニッパーはランナーからパーツを切り離すときに使うツールでヤスリと合わせ最初に揃えるべきツールです。色々な種類がありますがタイトな隙間でも活用できる薄刃のものを持っておくと色々な場面で活用できて便利かと思います。

おすすめはタミヤさんの先細薄刃ニッパーです。

ヤスリ

やすりはニッパーで処理しきれなかったゲート処理に使います。
目の粗さごとで数値がふられていて、目の数値が小さいほど荒くなります。プラモデルでは、400番・600番・800番あたりをよく使います。

ウェーブからヤスリスティック(フィニッシュ)といわれる製品が出ていますが塗装しない場合は最後これを使うといい感じに艶が出ます。

素材の種類も紙・スポンジ・鉄とさまざまです。
それぞれ一種類ずつ持っておくと製作の幅が広がると思いますが、どれかといわれれば間違いなくスポンジ(神ヤス)をおすすめします。

デザインナイフ

様々な用途で使うことができる万能加工ツールです。
ゲート処理、合わせ目消しや塗装落とし、ダメージ表現や筋彫りなどに使えます。

ガイアノーツからは刃がセラミックのナイフが販売されていますが、想定外の傷をつけてしまうリスクがないためパーティングライン消しに最適です。

作業用マット

プラモデルの製作は何かと散らかったり、場合によってが汚れたりします。
そのまま机でもよいのですが、A2あたりのマットをもっておくと便利です。

収納も考慮した折りたためるものも販売されています。

ランナースタンド

ランナーを立てて置いておけるツールです。
必須かと言われればそんなことは全く無くあると便利。「これからプラモを作ってるぞ」という感じが出て、プラモデル製作がより楽しくなります。


仮組み用ツール

仮組み用と書いてますが、言い換えれば組み立てた後(パーツ同士を接着した後)で取り外しが楽になるように加工するのに使うツールです。

ニッパーもダボ穴に切れ目をいれるなどの加工に使うことができます。

ピンバイス

ダボ穴を加工しパーツ通しの接着を緩くする際に使います。
ピンバイスはタミヤさんのものを使っていますが、ドリルは軸径の変更が不用なゴッドハンドさんのものを揃えておくと便利です。

パーツセパレータ

組み立ての順番を間違えた際などにパーツをばらすのをサポートしてくれるツールです。
どうしても手でバラせないような時も小さな隙間に差し込むことですんなり分解することができるので助かってます。


塗装用ツール

塗装を行う際に揃えるべきツールを紹介します。

エアブラシ

エアブラシは塗料を霧状に吹き付ける塗装用のツールです。
コンプレッサーとハンドピースが別々になった本格的なものもありますが、気軽に使える充電式のエアブラシがおすすめです。

口径も様々ですが、0.5のものを持っておくとカラー問わず気にせず吹けるので便利です。

塗装ブース

エアブラシを使う際に周囲に塗料を飛散させないようにするためのツールです。
ボックスと給排気ユニット(換気扇)が組み合わさってできています。

製品としてメーカーから発売されているものもありますが、コスト・機能を考慮し自作される方も多いです。
本格的な(有名な)ブースとして、互換ブースやネロブースがあります。

マスキングテープ

マスキングテープは、塗装の際に塗りたくない箇所を覆い塗料が付着しないために使います。
基本は様々な幅マスキングテープ(直線)をカットし使っていきます。

円形のテープも発売されており、持っておくと便利です。

乾燥用ブース

塗装をした後は塗料がしっかり定着するように乾燥させる必要があります。
このとき保管と乾燥を同時に行うのが乾燥ブースになります。
乾燥ブースと書いていますが(モデラー界では)食器乾燥機を使っているケースがほとんどです。

その他塗装ツール

塗装のためのツールには他にもさまざまなものがあります。
100均などで代用できるものもありますが、メーカーからでている製品はやっぱり使い安いです。

スペアボトルは目盛線がついているので薄め液との調合の目安が分からない初心者には特にお勧めします。


合わせ目消し・穴埋め用ツール

パーツ同士の隙間を埋める合わせ目消し、もともとプラモデルにある穴を埋める際に使うツールをまとめます。

瞬間カラーパテ

合わせ目消しには接着剤を使う方法もありますが、もっぱら瞬間カラーパテを使っています。
瞬間カラーパテを使うメリットは、対象の素材を問わないこと・硬化後の加工がしやすいこと・瞬時に固まり作業が妨げられないことといいことづくめです。

使う際は硬化スプレーの併用は必須です。

エポキシパテ

肉抜き穴にはエポキシパテを使います。
使うコツとして必ず水分は用意することと埋めていく際に爪楊枝を使って細かいところへ押し込んでいく、また乾燥による縮退を考慮し実際より少し多く盛りつけることがポイントになります。

レジン

合わせ目消し・穴埋めともに隙間ができてしまった際の最終手段としてレジンを使うこともあります。
紫外線で即効硬化するのですぐにやすりがけなどの作業に移れます。


一歩先の加工用ツール

「満足するまでやるだけだ」そんな終わりのない加工(カスタム)の道を極める際に使えるツールを紹介します。
細かくは説明しませんが使ったツールについてはこちらのリストに追加していこうと思います。


カスタム用ツール

オリジナリティを(簡単に)出したいときに使っているツールというか部品です。
細かくは説明しませんが使ったツール(部品)についてはこちらのリストに追加していこうと思います。