Skip to content

英語学習にはWalkman

Posted in 日常

Last updated on 2020年9月13日

(追記)Walkman A-50 シリーズですがすでに生産が完了しているようです。

気になる方は早めに購入をおすすめします。


こんにちは。
今現在お盆真っ只中なのですが今年はコロナでそれどころではないですね。。
ニュースでは都会から戻った隣人に対し、批判をしている事例が取り上げられておりゾッとしてしまいました。
早くマスクなく気軽に出かけられる日常が戻って来てほしいものです。
ところで、私最近Walkmanを買い替えました。
もとは(スマホから離れ)集中作業のためというあまり期待をしない買い物の予定だったのですが、なんとこれがすごい良かった( ˙︶˙ )
おすすめなので自分の日常メモも含めWalkmanについて書いてみました。


なぜこのタイミング?

買おうかなぁーと思ったのは TOEIC の受験に向けての勉強がきっかけです。

そう英語のリスニング勉強。

スマホでいいじゃんという友達もいたのですがスマホってなんでも出来すぎてしまうので、勉強中にふとしたらスマホで別のことしていたなんてことになってしまい効率が悪かったんですよ。

なので(まぁ、自分が弱いだけなんですが)精神論ではなく原因を絶つという手段を選びWalkmanという機能の絞られた専用のツールの購入に至ったわけです。


NW-A50シリーズを購入

Walkmanに備わっている機能なのですが語学学習機能というものがあります。

この機能は名前の通り語学の学習のためなのですが、音声をリピート・リプライ・スピードコントロールができる機能になります。

発端が英語学習(語学学習)なので、この機能については気になっており店頭でも試しました。

過去の経験から、英語学習においてはスピードコントロールは必須だろうぁ程度に考えていたのですが、実機を触ってみると語学学習機能がモードとして別れており使いやすいのに加え音質がよくこれは買うしか無いという自分がそこにはいました。

コストは抑えたいとは思ったのですが、なぜか一番安いラインナップのシリーズにはスピードコントロールがついてなく。。結果ミディアム帯のシリーズを購入することになりました。

(これはソニーさんの策略か)

なので、今回購入したのは、NW-A50シリーズになります。


語学機能について

ついでなので語学学習機能がどれほど素晴らしいのか説明してみたいと思います。

機能として大きく3つの機能があります。

  • DPC:Digital Pitch Control
  • A-Bリピート
  • クイックリプレイ

それぞれ簡単に説明をすると次のような機能になっています。

この中でもよく利用するのがDPC、つまり再生スピードのコントロールです。

一般的に証明されている事実かどうかは定かではありませんが、多くの英語学習者がリスニング力を上げるために早い音声を聞くことを勧めています。

それは、早いスピードで英語のリスニングができれば、遅いスピードではリスニングはもちろん可能になるという考えがあります。

間違ってはいけないのはこの逆はなりたたないということです。

「今回早くて聞き取れなかった、いつもは聞けているのに・・」というのはそのスピードに慣れていないから起こる問題であり、この点において再生スピードを上げての学習はすごい効果を発揮します。

1.25倍速くらいがおすすめです。

また、使う教材は単語の学習も兼ねてできるようなものが望ましいかと思います。

私のおすすめはz会さんの速読速聴・英単語シリーズですかね。

(あれ、今回Walkmanの紹介だったような・・・)

単行本(ソフトカバー): 456ページ 出版社: Z会 (ZKAI); 2版 (2019/3/17)

開封してみた

本題です、お待ちかね開封です。

今回は画面の保護のため合わせて保護フィルムも買って来ました。

Walkman は A-50シリーズですね。

イヤホン付きや内部メモリが多いもの等いくつか選択肢があるのですが、イヤホンは持っていること・マイクロSDが利用可能なことからもっともシンプルなモデルにしました。

また、 A-100 シリーズというものが出ましたが全く別物になるので注意してください。

私なら断然 A-50 をおすすめします。


箱が2重になっていますね。

真っ白です。

中を開けると、おっやっと本体とご対面です。

こう見るとほとんど一回り小さいだけのスマホですね。

中身はこんな感じです。

イヤホン等は付属していないので、本体とケーブル、あと説明書のみになります。

でも、これぐらいがちょうどいいですよね。

ソニーさんこの売り方はグッジョブです。

本体に触る前に、まずこちらに行きましょうか。

そう、保護フィルムです。

なんとハイスペックフィルムらしいです。

開けていく。

こちらも中身はシンプル。

保護フィルム1枚とクリーナーとシール、それぞれ一枚です。


いざ、貼り付け。

といきたいところですが、超集中していたため画像はありません。

申し訳ないです(T_T)


気を取り直して結果です。

はい、どうでしょうか。

個人的には100点満点のできで貼り付けが出来ました。

持った感じはこの通り。

アルミの質感が心地良いです。

マイクロSDもしっかり挿入できます。

これはありがたい。

最後に冒頭で説明した語学学習機能ですね。

さぁてこれからがんばりますか。


余談

実はいままで中学の頃からWalkmanを乗り換え乗り換え使っていました。

部活帰りとかWalkman聞きながら帰ったのが懐かしいです。

つい最近ですとA-20シリーズを使っていました。

撮っておいたものなのですがもうぼろぼろです。

ちょうど社会人になりたての頃に購入し、ずっと使っておりました大変思い出の深いWalkmanです。

一時期からスマホで音楽を聞き始めたので使わなくなってしまっていました。

思えばそのあたりから集中した学習をしなくなったのかもしれません。

改めて反省するとともに日進月歩で頑張りたいと思います。

Walkman A-20よ、いままでありがとうございました。


記録容量16GB 連続音楽再生時間:FLAC(192kHz/24bit)30時間/MP345時間

Be First to Comment

コメントを残す