Skip to content

レブル1100をカスタム(シールはがし編)

Posted in Life, and バイク

Last updated on 2021年8月10日

こんにちは、エピックです。
最近雨が続いていたのでもう梅雨入りしたのかと思いましたがそうではなかったみたいですね。このたび相棒(レブル1100)を納車したわけですが、最近までまったくカスタムなどに手が回っていませんでした。初歩の初歩となるのですがもともと貼り付けられていたシール剥がしをしてみましたので、きれいに剥がす方法を紹介したいと思います。
覚えることも多いですが、これから色々なカスタムができると思うとワクワクしますね。では、ゆっくり。


まず、自力で剥がそうとした結果・・

とりあえずやってみたくなるのが人間の性というものでしょうか。

むりやり爪で剥がそうとしてみたのですが、無残にも跡がのこってしまいました。。

無理やりはがしたので、粘着テープの跡が残ってしまっています。。

「やってしまったかなぁ(汗)」とあせりつつ参考になる情報を探しました。

先探せよというツッコミがきそうですが。

探した情報をまとめると、粘着テープをきれいに剥がす方法として次の2つがあるようです。

  • ドライヤー等で温めてはがす
  • シリコンオフを使う

自分の駐車場はマンションの敷地でドライヤーのようなものは使えないので、シリコンオフスプレー一択ということでホームセンターで購入してきました。


シリコンオフスプレーすごい

買ってきましたシリコンオフ。

結構缶が小さい!

補修、接着などに不可欠な「脱脂・洗浄」に絶大な効果を発揮する補修の必需品

今回はシールはがし目的ですが、そもそものシリコンオフの効果が脂分の除去のため次のような用途にも使えるようです。

  • ステッカー・シールの貼り付けの前処理
  • カスタムパーツの貼り付けの前処理
  • 塗装の前処理
  • シールはがし(今回)

カスタムパーツ(カウル)については今後実施予定なのでそのときまた出番があるかもしれません。

(カウルではなく、バイザーを取り付けました!)

さてさて、今回はシール剥がしです。

さっそく、対象に箇所にスプレーして布でフキフキ。

驚きです!

切れにベタベタがなくなり手で触ってもすべすべになっています!

こんなに簡単にきれいになるのかと感動です。


ちなみに、最初間違えてシリコンスプレーを買ってしまいました。。

みなさんはお間違えの内容お気をつけください。

シールはがしは、「シリコンオフ」です。

それとシールがあったときの相棒の写真を最後に残しておきます。

これからいっしょにいろんなとこに行きたいですね!


最後に


というわけで、バイクのシールをきれいに剥がすためにシリコンオフスプレーを利用しました。
効果は抜群で非常におすすめです。
カスタムする際に必須となりそうなシリコンオフさん。
今後の活躍に期待したいです!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

では。

補修、接着などに不可欠な「脱脂・洗浄」に絶大な効果を発揮する補修の必需品

Be First to Comment

コメントを残す