Skip to content

かっこいい外付けHDDを購入しました!

Posted in メモ

データのバックアップや大事なデータを保存しておく際にはそれ相応の記憶領域が必要になります。

PCにもともと用意されている記憶領域では足りず外付けのディスクに保存をするということはある意味普通の選択となっています。

現在255GBのMacを利用して作業をしているのですが、最近利用データの容量が増え保存領域が足りずに困っておりました。

そこで、外付けディスクを購入することにしたのですが、ものすごく迷った結果「LaCie HDD 外付けハードディスク」を購入したので今回紹介したいと思います。

 

商品紹介(デザイン)

デザインは写真を見せたほうが早いとのことで、早速ですが写真付きで開封儀といきます!

では、開封。

 

すでに、重量感が伝わってきます。

 

箱から出すとこんな感じです。


すべて出してみました。

グローバル製品ということもあり、コンセントの指し口を変更するアダプタが付属しています。

 

また、これは地味に嬉しかったのですが

・TyepC – TypeC ケーブル

・TypeC – USBケーブル

が付属しておりました。

商品紹介(機能)

今回購入したのは、いくつかシリーズがある中の「d2 Professional」というシリーズになります。

d2には、「d2 Thunderbolt3」シリーズがありますが、異なるのはインターフェースが Thunderbolt3 か Type-C かの点です。

ただ、私の場合これではなく、完全に色にやられてしまいました…

写真見ていただいたので伝わっていればありがたいのですが、ちょうかっこいいんです。。。

 

比較画像はっておきますね。

購入のきっかけ

購入の際に考慮した観点は、下記の3点でした。

(1)Macに似合う

(2)評価が高い

(3)実物はどうか

「え、機能面気にしないの?」という方いると思います。

今回は、SSDではくHDDという時点でそこにこだわることはしませんでした。

それより、部屋に(Macの横に)置いておいて調和が保たれることを重視しました。

 

Macに似合う

先程記載の通り、最も重要視したのはこの点です。

「見た目より性能だろ(怒)」という方には怒りを買ってしまうかもしれませんが、やはり長く愛着を持って使って行く以上はこの点は外せません。

結論ですが、最高に合います!

さすが「アルミ×ブラック」です。

評価が高い

これも商品を購入する上では、外せません。
もちろんアマゾンで評価を調べました。
評価件数は、少ないですがどちらも信頼できそうなコメントでありここでの迷いはありませんでした。

Amazonカスタマーレビュー

MacBook Pro & Air 用として購入しました。Apple の HP でも紹介されているものなので、相性は良いようです。

KI

Amazonカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0質感がいい感じ(^o^)

マッサマン

実物はどうか

これ大事ですよね。

通販を利用する際は、事前に商品の目視チェックをするようにしています。

通販で失敗した経験が…特に、服なんかはそうですね。(過去に失敗した経験あり)

 

本題の今回の製品ですが、

  • 触ってみる⇢アルミでヒンヤリ
  • 持ってみる⇢金属特有の重量がある
  • つないでみる⇢まるで青い目のザクのように光る

もう見た目において不満点はありませんでした。

即決ですね。

使用感

購入し、2ヶ月程度立ちますが問題なく使用しております。

 

利用用途としては、プロジェクト等で利用しないデータはすべてこちらの「LaCie HDDディスク」に、まだ利用するものはMacに残すという運用をしております。

また、「一時的に見たい」「iPhoneから見たい」ものに関してはDropboxを併用しております。

 

唯一気になるといえば、立ち上がりの際、「グォーん」と起動音がすることぐらいです。

何かのロボットの起動音のようで好きなのですが、人によっては気になるかもしれません。

 

まとめ

以上「LaCie HDD 外付けハードディスク」の紹介でした。

 

Macを利用しており、デザインのよいHDDをお探しの方は買って損がないと思います。

写真をつけているので見ていただければよろしいですが、もう完全に一体です!

 

と、散々褒めてきておりますが、超欠点→少し金額が張ります…

ただ外付けHDDというものは頻繁に買い換えるものではないため「大事なデータを保管する大切な箱」と考え奮発するのもありだと思います。

現在外付けディスクをご検討中の方は、是非選択肢の一つに加えてみてください。

 

コメント等ありましたら、S.Murakiのツイッターまでもしくは下のコメント欄にお願いします。

 

では。

 

参考

LaCie公式サイト

Be First to Comment

コメントを残す