Skip to content

レブル1100をカスタム(スタンド編)

Posted in バイク, and ライフ

Last updated on 2021年12月4日

どうも、エピックです。
今回はしばらく前に購入して取り付けたアールズギアさんのスタンドのカスタマイズについて書きたいと思います。
最近は散財がなかなかいい感じです。
スタンドのカスタマイズに興味があるかた参考にしていってください。
では、どうぞ。


スタンドハイトブラケットを購入

スタンドのカスタマイズということでアールズギアさんのスタンドハイトブラケットを購入しました。

サイドスタンドに装着することで車体の傾きを抑えることで取り回し性を向上させることができるみたいですね。

今までこのようなものを使ったことがないので半分興味本意での購入してみました。

何事も経験ですからね。

パッケージはこんな感じになっていました。

ジュラルミン削り出し製ということで持った感じ重さを感じます。

カラーは3種類あり、ブラックとシルバーで迷ったのですが安定のブラックにしました。

シルバーも写真を見た感じかなりかっこいいです。

開封し、少しアップでとってみました。

すごく精巧に作られている気がします。

分解するとこのような感じになります。

ネジで止めるので、ネジ止めはあったほうが良いかもしれません。

装着する際は4つのネジでカバーを外し中心のくぼみにはめて閉じる感じですね。

裏側はシルバーになっていました。

装着するとスタンドの接地面積は大きくなりますね。

あと、高さも少しでます。

ちなみに公式によるとスペックは下記となります。

高さ約9mmアップ・面積約2.0倍


装着してみる

さっそく取り付けをしてみました。

六角レンチでとりつけるだけなので、うまくいけば5分程度で完了です。

ただ、一人だとバイクを支えながらとなるので位置調整が結構たいへんだったりしました。

装着して写真をとりました。

全体が大きくなったので、存在感がでますね。

ブラックなので統一感があります。

ちなみに停車時の傾きですが、、

↑こちらが装着前

↑こちらが装着後

どうでしょうか、傾きが小さくなりました。

実際取り回しをしてみても、傾きが小さい分非常に楽です。

それと、傾かない分多少駐車スペースにも余裕ができますね。

しばらく使用して様子を見たいと思います。


最後に


相棒のレブル1100へスタンドハイドブランケットを装着してみました。
傾きが小さくなるので、車重200kgをこえていても軽々立て直すことができます。
見た目もカスタム感がでて気に入っています。
気になった方は是非購入し試してみてください!

最後までお読みいただきありがとうございます。

では!

Be First to Comment

コメントを残す