Skip to content

NOKTON 35mm F1.2 を購入した話

Posted in ライフ, and 日常

どうも、エピックです。

ついに、ついにですよ、ずっと欲しかったNOKTON 35mm F1.2を購入しました。

おおよそ1年ほど前に発売されたレンズですが、Youtube で見てからずっと気になっていました。

いままでキットレンズである 15mm-45mm を使っていたので、その比較と合わせ紹介したいと思います。


Xマウント専用として設計された大口径標準レンズです。


どんなレンズか

今回購入したNOKTON 35mm F1.2 Xマウントは、富士フイルムXマウント専用として設計された大口径標準レンズになります。

F1.2 ですよ。すごいです。

以前から使っているのは フジノンレンズ XC15-45mmF3.5-5.6 なので明るさが全然違います。

ざっとポイントまとめるとこんな感じです。

  • 富士フイルムXマウント専用設計
  • 滑らかにピント操作が可能なマニュアルフォーカス
  • メカニカル直結操作の絞りリング
  • 電子接点によるボディとの情報通信
  • 12枚の絞り羽根による美しいボケ味
  • 最短撮影距離0.3m

富士フイルムXマウント専用に設計されているので X-E4 と接続するときも別のマウントは不要です。

加えてボディと通信できる電子接点を搭載しているので、Exif情報が付与やフォーカスチェック、F値の表示など純正レンズと変わらず対応しています。

これが便利すぎる。

また、フォーカスリング・絞りリングの操作の滑らかさが素晴らしい!

Youtuberの方も言っていますが癖になるくらいにずっと触ってられます。

これは店頭などで試して欲しいです。

スペックです。

焦点距離 35mm (フルサイズ換算:53mm)
口径比 1 : 1.2
最小絞り F16
レンズ構成 6群8枚
画角 44°
絞り羽根枚数 12 枚
最短撮影距離 0.3m
最大撮影倍率 1: 6.7 (フルサイズ換算:1:4.5)
最大径×全長 φ59.6×39.8mm
フィルターサイズ φ46mm
重量 196g
レンズフード 専用ねじ込みフード付属
絞りリング 装備(マニュアル絞り)
電子接点 あり ※対応ボディのみ
Exif情報 対応 ※対応ボディのみ
フォーカスチェック 対応
パララックス補正 対応(X-Pro3)
ボディ内手ぶれ補正 対応(ボディ内手ブレ対応機種に限る)
撮影距離連動表示 対応

開封する

早速ですが開封していきます。

今回の購入先はポイントが貯まっていたのでヨドバシさんを利用。

開けると、レンズ本体とレンズフードが。

袋からも開封しました。

レンズの重さが伝わってきます。

XC15-45mmと比較。

全体的に NOKTON 35mm F1.2 のほうがコンパクトです。

X-E4に装着。

かなりキマっている。

フードをつけたバージョンも。


必要な設定

カメラボディとの情報通信に対応させるためには、ボディ上で次の設定を行なってあげる必要があります。

  1. 電気通信対応ボディが確認する
  2. 絞り表示設定の変更 (T値からF値へ)
  3. 被写界深度スケール設定(フィルム基準へ)

電気通信対応ボディが確認する

まずカメラのボディが電気通信に対応しているボディであるか確認しましょう。

こちらは公式サイトより確認することができます。

X-PRO2 や E-X3 は対応していないので注意です。

絞り表示設定の変更 (T値からF値へ)

【セットアップ】から【表示設定】を選択。

2ページ目の【シネマレンズ使用時の絞り単位】を選択します。

【F値】に設定します。


被写界深度スケール設定(フィルム基準へ)

【フォーカス設定】の2ページ目【被写界深度スケール】を選択。

【フィルム基準】を選択します。


試し撮り

さっそく散歩に行って試し撮りしてきました。

X-E4、NOKTON 35mm F1.2 X-mount、35mm(35mm判換算53mm相当)、ISO12800、F5.6、1/1000秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:クラシックネガ

X-E4、NOKTON 35mm F1.2 X-mount、35mm(35mm判換算53mm相当)、ISO4000、F2、1/1000秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:クラシックネガ

X-E4、NOKTON 35mm F1.2 X-mount、35mm(35mm判換算53mm相当)、ISO4000、F5.6、1/1000秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:クラシックネガ

X-E4、NOKTON 35mm F1.2 X-mount、35mm(35mm判換算53mm相当)、ISO1600、F1.8、1/1000秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:クラシックネガ

X-E4、NOKTON 35mm F1.2 X-mount、35mm(35mm判換算53mm相当)、ISO800、F1.4、1/1000秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:クラシックネガ

X-E4、NOKTON 35mm F1.2 X-mount、35mm(35mm判換算53mm相当)、ISO800、F1.4、1/1000秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:クラシックネガ

X-E4、NOKTON 35mm F1.2 X-mount、35mm(35mm判換算53mm相当)、ISO800、F1.2、1/1000秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:クラシックネガ

最後に


NOKTON 35mm F1.2 ほんとに最高のレンズです。当面はこのレンズ一択で楽しんでいきたいと思います。MF でも OK という方はぜひ試してみてくださいね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

では。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。