Skip to content

【コトブキヤ】ホイホイさんリベンジ!作成過程と塗装レシピ

Posted in Life, and プラモ

こんにちは、エピックです。
ようやく念願かなってホイホイさんリベンジを決行しました。
色々準備しつつ作成をしたので満足のいく完成度になったと思います。
では、どうぞ。


開封していく

前回のリベンジをするべく再度ホイホイさんです。

今回は、NewEditionとの比較もしたかったのでLegacy版を購入してみました。

もう10年くらい前のキットなんですね。

あと、購入したのは設定はよくわからないがナイトメアバージョンといういかにも暴走形態のようなホイホイさんです。

手にはハンマーと酒瓶、あと重火器も付属しています。

イラストは毎回みても可愛い感じです。

あと、設定と同サイズ、1/1スケールという点が非常にいいところですよね。

ランナー類はこんな感じです。

あと、上にのっているのは水転写式デカールでこれが非常に優秀。

ドクロや涙など、他でも汎用的に使えそうなものばかりです。

あとは、これらをニッパーでランナーから切り離しヤスリがけをします。

2度目となるとパーツも検討が付きますからね、最初にすべて切り出す方針ですすめます。


塗装準備

コトブキヤさんの人形キットは事前準備をしないと失敗すると身をもって体験済みなので、今回は事前に下記の処理を実施しました。

  • プライマー下地処理
  • クリアランス
  • 合わせ目消し
  • 接合部のマスキング

プライマー下地処理

コトブキヤさんのキットには、プラスチック素材(PS)に加えてABS樹脂を素材としたパーツが含まれています。

今回含まれていた、ABS素材がこちら。

ABS素材のパーツは、「パーツが損傷しやすくなる」「塗装が剥がれやすい」などの理由から塗装が推奨されておらず、もし塗装をする場合は事前に適切な処理をする必要があります。

ガンプラばかり作っていたときは気にもしなかったのですが、前回見事に失敗しましたからね。

事前準備というのがプライマーと言われる下地処理です。

こちらもガイアノーツさんから販売されています。

これをランナーから切り出さず、そのまま吹き付けます。

多少のベタつきが残るので、つや消しクリアなどで表面処理をしておけばOKです。


クリアランス

これも何度も失敗しているので面倒だと思いますがしっかり行います。

クリアランスというのは、可動させたときのパーツ同士の接触を避ける隙間の確保をいいます。

つまり、事前にパーツを加工(削る)するのです。

なぜ、こんなことをするかというと塗装したプラモもでも色々動かしたい!という夢を叶えるためです。

微調整を繰り返しながら、ヤスリ片手に頑張る作業です。

250→400→1000で調整しています。


合わせ目消し

塗装後の完成度に一番直結する処理なので、どれ頑張ると聞かれれなこれですね。

特に人形プラモは、太ももや腕などが分割されていることが多くそのままだとTheプラモとなること間違いなしです。

基本、接着剤を流し込み放置して、ヤスリがけです。

何度も失敗して学んだポイントはこんな感じです。

  • タミヤさんの接着剤を使う
  • ベタベタになるくらいたくさん塗布する
  • 洗濯バサミなどでしっかり挟む
  • 1日待つ

特に、時間を待たずに半乾きでヤスリがけはやめたほうがいいです。

ヤスリがけの勢いでえぐれたり、乾いたときの収縮で溝になったりしてしまいます(経験済み)。

コレくらいしっかり塗布して、洗濯ばさみなどでハサミこんで一日放置です。


接合部のマスキング

塗装する際に、ボールジョイントなどの接合部まで塗装をしてしまうとうまくパーツ同士がくっつかないという事態に陥ります。

結合する際に見ない部分については、可動させるという点から事前にマスキングをしておきます。


塗装する

今回利用した塗料は次のとおりです。

  • Ex-01 Ex-ホワイト
  • Ex-02 Ex-ブラック
  • Ex-10 Ex-フラットクリアー プレミアム
  • 074 ニュートラルグレーIV
  • 075 ニュートラルグレーV
  • NP002 メカサフ ライト
  • NP004 ピンクサフ
  • FG-06 プラチナブロンドベース
  • FG-07 プラチナブロンドシャドウ
  • FG-10 ホワイトフレッシュ

ガイアノーツさんのフレイムアームガールズシリーズの塗料を利用してみましたが、人形プラモの塗装用に一通り揃えておいていいのではないかと思いました。

肌の塗装はこれらのシリーズとピンクサフで事足りるとおもいます。

あと、EXシリーズ(特に、ホワイトとブラック)は店頭からなくなりがちなので見つけたら速攻確保をおすすめします。

塗装機材はいつものように充電エアブラシと自作塗装ブース。

マンション暮らしには静音性は重要な要素です。

塗装完了後はこんな感じ。

換装用の予備パーツも含めすべて塗装しました。

この段階で個々にクリアーまで吹いてしまっています。

重火器は、ニュートラルグレーV→Ⅳの順序で、Vの色を残しつつ塗装しています。

写真だと少しわかりづらいですね。

ハンマーは、メタリックにしようと思ったのですが、あえて使用しませんでした。

持ち手の部分は、Ex-ブラックとホワイトで塗装し、金属部分はニュートラルグレーVで塗装しています。

下半身はもちろん自立します。

エプロンのマークは後ほど水転写式デカールで貼り付けます。

顔パーツ。

3種類のパーツが付属しておりいつでも取り替えられます。

とりあえず、前回の New Edition にはなかった口の開いたものにしてみました。

髪パーツも2種類付属していますが、同上の理由で今回は三編みにしています。

飾っておく用のベースが付属していないので(初めて)コトブキヤさんのベースを購入してみました。

これかなりいいです。

組み立てが必要ないのと可動部分がネジなので固定について非常に安心ができます。

今後リピート買い確定です。

ということで、このフライングベースにセットして完成です!


武装がハンマーというあたり、サーベルなどと違ったヤバイやつ感が出ています。

あと、銃器ですがこれ本体より大きいんですよね。

それがさらにこのキットの良さを際立たせています、片手持ちも可能でかっこよくポージングができます。

正面だとこんな感じです。

ほっぺたに付属していたドクロの水転写デカールつけてます。

白と黒に、髪色がイエローとよくある可愛い系キャラクターのテンプレートのようなものですが、なんかヤバいやつ感が伝わってくるくらいよくできたきっとだと思います。


おまけ

なんか怖いなぁと思って以前作成したホイホイさんと比較したのですが、目の印象の違いと肌の色の違いのせいかと思います。(つや消しと半光沢という違いもある)

ただこれだけ違うと同じキャラクターには見えませんね。


なんか、肌白いせいでヴァンパイヤというかキチ感がでてますね。

パッケージにコウモリいたのでいいですが。

まぁ結果オーライでしょうか、とりあえずやばい感じにはできたと思います。

次回はもう少し可愛い感じにしたいです。


最後に


ようやくこの完成度までできたと言う感じです。
全く前回作成した1体と雰囲気がまるで異なりますがこれはこれでありでしょうか。
どこに時間がかかったかと聞かれれば間違いなく合わせ目消しですね。
待つ時間も含めあれはなかなか大変です。
次回はすこし人型から離れたきっとをつくりたいですね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

では。

Be First to Comment

コメントを残す